いくつか種類がある

相談

東京で債務整理行う場合でも、その債務整理の中身をしっかりと理解しておきたいところです。一般的に債務整理と呼ばれるものは大きく分けて3種類ほど存在しています。一つが任意整理と呼ばれるものになります。これは何かといえば、比較的軽度な状態のときに適用されるものです。これを適用する場面では、すべての借金が帳消しなる訳ではありませんが、任意整理をした後の利息分は生産しなくてもよくなります。そのため、返済額の何パーセントかが減少することになるでしょう。次に、個人再生と呼ばれるものがあります。個人再生は返済金額が減ると同時に返済期間も長くなるため、長期的な返済をすることが可能になるのが特徴です。それ以外には、自己破産と呼ばれるものがあります。

過払い金に関してはどうか

女性弁護士

東京で債務整理をする場合に知っておきたい知識としては、過払い金の知識があります。過払い金とは、過去にたくさんの利息を支払ってしまった場合その利息を返済してもらうことです。まだ現在の法律ができておらず、グレーゾーンがあった時代の話です。この時代にお金を借りた人は、より多くの利息を支払ってしまった可能性があります。その利息の請求をする場合を過払い金請求といいます。通常過払い金請求は、すべて債務整理に該当する訳ではありません。まだ返済が終わっていない場合に過払い金請求をすると、債務整理に該当してしまいます。

弁護士を利用してみよう

男性弁護士

これから債務整理を東京で行うならば、個人的に行うことも不可能ではありませんが、多くの人は弁護士を利用することになります。弁護士を利用する理由は言うまでもなく、法律の専門家に任せるということです。つまりそれだけ債務整理を個人で行うのは難しく、ハードルが高いことを意味しています。弁護士を選ぶ場合には、だれでもよい訳ではありません。弁護士にもそれぞれ専門分野がありますので、債務整理を専門的に行っている人に任せましょう。

どれぐらいの期間がかかるか

女性弁護士

東京で債務整理をするならば、一体どれぐらいの期間になるか知っておきたいところです。まず弁護士に相談をして、その後弁護士の方から契約しませんかという話しになります。契約をした後は、直ちに弁護士の方でどれぐらいの借金があるかを明確にしていきます。その後金融機関に弁護士の方から連絡し、これ以上請求しないように依頼するわけです。その後計画的に借金を返済していく仕組みになります。結局は、借金がどれだけあるかによってそしてどれだけの期間返済するかによって債務整理がいつ終わるか異なります。金額が大した事がなければ、1年以内に終わらせることが可能になるでしょう。ただ自己破産の場合は半年程度で終わることがほとんどです。なぜなら自己破産後の返済が必要ないからです。

広告募集中